にきびの種類

にきびには様々な種類があります。白にきび、黒にきび、赤にきび、化膿にきび。思春期のにきびや20代以降のアダルトにきび。
それぞれに要因が違うため、治療方法も異なります。まずは種類や段階を見極めましょう。



にきびの出来る要因

にきびが出来る主な原因はストレス、間違ったスキンケア、不摂生などで皮脂が過剰分泌し、毛穴部分の角質が分厚くなり、毛穴を塞いでしまう事です。また思春期に男性ホルモンが活性化し、ストレスからホルモンバランスが崩れます。それが原因で毛穴から大量に皮脂が過剰分泌される事も原因の1つです。また、一定周期ごとにお肌が新しく生まれ変わる機能(ターンオーバー)があり、その周期が乱れると、毛穴の出口を古い老化角質が剥がれずにとどまります。そして、その老化角質が分厚くなり出口を塞いでしまいます。塞がれた毛穴の中は、みなさんのお肌に存在する、常在菌のアクネ菌が詰まります。そしてにきび菌が好む皮脂、垢を栄養にして、居心地の良い環境の中で、どんどん増加していきます。その後、活性酸素も増加し、毛穴の壁を壊して毛穴周辺に炎症を拡大してにきびが出来ます。
お肌が乾燥している状態であれば、バリア機能が低下しているので、さらに菌の感染も起こりやすく、にきびが増える原因になります。

白にきび

白にきび

ニキビの初期段階。
冷え・ストレス・ホルモンバランスや間違ったお手入れ等により血行が悪くなり皮膚の生まれ変わるペースが落ちます。
その結果、表皮が厚くごわつき、毛穴が自分の角質でふさがれてしまい、毛穴の皮脂が外に排出されないので、皮膚が盛り上がって白ニキビになってしまいます。

黒にきび

黒にきび

白ニキビが悪化したものです。
シミ、毛穴の黒ずみ、ほくろなどに見える事もあります。ターンオーバーの乱れ、不摂生、不規則な生活等で、皮脂の過剰分泌と古くなった角質が正常に除去されず毛穴に汚れ、垢、皮脂、古い角質が蓄積され毛穴を塞いでしまいます。
毛穴につまった皮脂と古い角質が外に押し出されて開口し、入り口部分が酸化して黒くなります。

赤にきび

赤にきび

白ニキビ・黒ニキビが悪化した状態。
ターンオーバーの乱れ、皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まり、皮脂を栄養に増殖するアクネ菌の影響で、周辺の組織や毛穴が炎症を起こしてしまいます。
アクネ菌は常在菌でみなさんのお肌にいます。また空気がない場所では皮脂を栄養にしてどんどん増殖し、さらに毛穴の深い部分で炎症を起こすと、赤く大きなニキビになってしまいます。

化膿にきび

化膿にきび

ニキビの最終段階で赤ニキビが悪化したものです。
ニキビの真ん中に黄色い膿が上がっている為、別名黄色ニキビともいわれています。
毛穴の深い所でアクネ菌が栄養源を確保する為、リパーゼという酵素を出して皮脂を分解します。
このリパーゼが皮脂中の中性脂肪を遊離脂肪酸に変え、それが炎症を悪化させます。悪化すると真皮まで傷つき、ニキビ跡、クレーターになってしまう恐れあります。