難治性ニキビ治療 PDT

光に反応する物質と光線を使用し、ごつごつした赤みを伴うニキビに有効なニキビ治療です。
皮脂分泌機能が抑制され、ニキビ菌やその他の皮膚の常在菌を滅菌し、除去することができる治療法です。



難治性ニキビ治療 PDTとは?

PDT(Photo Dynamic Therapy)とは、「光線力学療法」という意味で、光に反応する物質と光線を使用する局所的治療法の総称です。特に難治性ニキビ治療においては、アミノレブリン酸という物質が皮膚の皮脂腺に選択的に取り込まれる性質を利用することで、皮脂腺を集中的に攻撃し治療することができます。

にきび治療における効果

アミノレブリン酸を外用し、皮脂腺に取り込ませることでポルフィリンという物質に変化します。これらにはある一定波長の光に反応するという性質があります。光線治療器を照射すると、皮脂腺内のポルフィリンが反応し、活性酸素が発生します。
その後、皮脂腺内に巣食った様々な雑菌を殺菌、皮脂腺を萎縮させ、肌細胞を活性化します。ターゲットにしたい部位の皮脂腺にダイレクトに効果を上げることができます。

さまざまなニキビ治療に抵抗性のある難治性ニキビに強い効果を発揮できます。
皮脂分泌機能が抑制し、ニキビの原因菌を殺菌し、さらに肌代謝を改善することができる治療法です。
トキコクリニックでは、よりダウンタイムが少なく、ニキビ治療部位に選択的に効果を出せるように検討を重ねオリジナルの「トキコ式PDT療法」を確立致しました。

料金

難治性ニキビ治療 PDT 料金表
難治性ニキビ治療 PDT ¥25,000(税別) ~